響クリニック 心療内科・精神科のWEBサイト|福岡県福岡市のメンタルクリニック

心療内科・精神科を専門とするメンタルクリニック、響クリニックのホームページです。専門医によるカウンセリングはもちろん、あなたの心の病気と向き合い最適な療法を探すお手伝いをします。


診療日カレンダー

2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 休日
  • 午前診療
  • 臨時休診
  • 午後診療

ガッテン「睡眠薬で糖尿病が治療できる」に対する疑義、ベルソムラ錠

トップページ » ガッテン「睡眠薬で糖尿病が治療できる」に対する疑義、ベルソムラ錠

2017年4月18日

ガッテンで、2017年2月22日に表題の内容で放送がされたようです。私は番組は見ておりませんが、数人の患者さんから指摘を受け、ネットで内容を確認しました。http://www.j-cast.com/2017/02/24291584.html?p=all

科学的にはほとんど、根拠がない番組内容だったようです。NHKが、このような番組を放送したことは言語道断です。

番組で話題となった睡眠薬は、オレキシン受容体拮抗薬、商標名「ベルソムラ」ですが、2014年に発売されました。従来の睡眠薬とは、作用機序が全く違うことが特徴の睡眠薬です。従来の睡眠薬の大半は、化学的にはベンゾジアゼピン系と分類され、安定剤と共通の作用がありました。この薬は、筋弛緩作用(「足がふらつく」)や、耐性や依存性がより少ないこと(ゼロではなさそう)が特徴のようです。

実際に処方した印象としては、穏やかに睡眠を促す作用があるようです。糖尿病の治療には使えませんが、軽症の不眠症には効果が期待できます。

それにしても、NHKの番組制作姿勢には腹が立ちます。

« 前の

トラックバックURL


BLOG
NEWS